乳首 ピンク

乳首をクリームでピンクにする方法のご紹介です。レーザーや整形で乳首をピンク色にしようと思っていませんか?ヨーグルトでピンクにする方法などもありますがクリームでの対応が確実です。

乳首 ピンク ≫ 美首をヨーグルトでピンクにする方法

乳首をクリームでピンクにする方法のご紹介です。レーザーや整形で乳首をピンク色にしようと思っていませんか?ヨーグルトでピンクにする方法などもありますがクリームでの対応が確実です。

人に見せるものではないですけど気になるのが乳首の色です。キレイなピンク色ならいいのですが、黒ずんでいたりするとコンプレックスにもなってしまいがちです。少しでも乳首をピンク色に近づけたい方のためにもこの情報を参考にしてみて下さい。

乳首が黒ずむ理由はメラニン色素にあります。メラニン色素というと日焼けで黒くなる原因とかシミができる原因とか思うかもしれません。ですが乳首にもメラニン色素が生成される原因があります。ストレスや出産でのホルモンバランスの崩れ。授乳や摩擦などの刺激もメラニン色素が増加する原因となります。ブラのサイズが胸のサイズに合っていないと乳首が黒ずむ原因ともなってしまいます。日頃気にもしていない日常生活が乳首が黒ずむ原因となっているとしたら・・。心配ですよね。

日本人の乳首の色は茶色い色が一般的だそうです。きれいなピンク色でなくてもそれほど黒ずんでいるわけでもなく、茶色い程度ならまだ我慢できるかもしれません。

黒ずみケアには美白成分が有効です。特に重要な成分としては「ルミキシルペプチド」「ハイドロキノン」「トレチノイン酸」が挙げられます。ルミキシルペプチドはアミノ酸から生成されるタンパク質の一種で妊娠中でも使用できるとても安全性の高い成分と言われています。
先にご紹介した「ルミキシルペプチド」「ハイドロキノン」「トレチノイン酸」は美白成分として充用なつ。そのうちルミキシルペプチドは先にご紹介しました。次にご紹介するのがハイドロキノン。ハイドロキノンはルミキシルペプチドと同じくメラニンの生成をひきおこすチロシナーゼの生成を妨害してくれる働きがあり、メラニン色素を作るメラノサイトに対しても効果を発揮してくれます。ハイドロキノンは医師の処方がないと手に入れることができませんが、市販されているものでも濃度が低い2%以下のものであれば手に入れることが可能です。ハイドロキノンはこれ単体では効果が低くなるのでトレチノインと同時に摂取されることをお勧めします。

トレチノイン酸の主な働きは肌のターンオーバーを促進する働きがあります。先にご紹介したハイドロキノンと一緒に摂取することでさらに効果を高めることが可能です。トレチノイン酸はビタミンAの誘導体。アンチエイジング効果を高めてくれると考えるといいでしょう。トレチノイン酸を使うと普通は4週間の肌のターンオーバーが2週間に短縮することができるとか。早く効果を得たい方はトレチノイン酸は絶対に欠かせませんね。

ちなみに民間療法としてヨーグルトで黒ずみを解消する方法もあります。ヨーグルトを黒ずんだ箇所に塗ってラップをするだけです。5分から10分ていどそのままにして洗い流せがOK。ヨーグルトに含まれる乳清に黒ずみを薄める作用があるためこのような民間療法として広まっているそうです。

Copyright © 2017- 乳首 ピンク